ここではにきび治療が遅れることで皮膚にニキビ跡が出来ることについてのお役立ち情報をお届けしています。

皮膚にニキビ跡が引き起こされる恐れのあるにきび治療の遅れ



皮膚にニキビ跡が引き起こされる恐れのあるにきび治療の遅れブログ:30-3-18


今日は久々に筆が進みそうです。


減量に成功して、
スリムになった自分を想像したらワクワクしますよね?

でも、無意識の中ではちょっと違う動きをするようなんです。

それは、
今まで自分が体験したことない状況を本能的に避けて、
自分が経験している状態を好む…という本能で、
「ホメオスタシス(自己恒常性)」と呼ばれているものなんだそうです。

これは体質の働きにも備わっており、
減量していても最初はなかなか減らないのも、
自分が長い間過ごしてきた体重に戻そうとする
「ホメオスタシス」の本能が働き、
食事の量が減れば食欲を増長して食べさせようとし、
体質もエネルギー消費しにくい体質にして
脂肪を温存しようとします。

これと同じような働きが脳にも作用し、
「減量に成功するぞ!」と思っても
「本当に成功するの?今まで何度やってもダメだったじゃない」とか
「そんな減量やったら体に悪いんじゃないの?」とか、
いろいろな「自分が成功できない理由」を頭の中で考え始めます。

つまり「自分自身で減量を失敗させようとする」のです。

これが本能的に
減量に成功することを恐れ、
元の状態に戻そうとする脳の本能なのです。

これは、
減量成功の経験が少ない人ほど強力に働くもので、
それがいつしか「自分は痩せにくい体質」だと思ってしまう傾向があります。

これは本人の意識の問題ではなく、
ホメオスタシスという脳の本能の働きなので、
当人がこらえ性がないとか怠惰であるという事ではないのです。

ましてや「痩せられない体質」だという事でもありません。

人間は生きていく以上はエネルギーを消費しますし、
そのための食物も必要です。
それらのバランスを変えてあげれば、減量は成功します。

しかしそのバランスを変えるためには、
人間の「ホメオスタシス」を克服しないといけないんですね。

ニンニン

皮膚にニキビ跡が引き起こされる恐れのあるにきび治療の遅れ

皮膚にニキビ跡が引き起こされる恐れのあるにきび治療の遅れ

★メニュー

入院をする必要は無く安心安全で気軽なヒアルロン酸で豊胸
皮膚へのフェイスアップをすることでたるみ治療には効果的
あなたの悩んでいる頬のしみ治療の期間
レーザー治療で皮膚に効果的なしみ治療が可能となります
まつげエクステが断然オススメ!是非ご利用してみてください
皮膚にニキビ跡が引き起こされる恐れのあるにきび治療の遅れ
何回か美容クリニックに通って施術をする皮膚のしみの治療
しわやたるみ治療器サーマクールではメスを一切必要としない
皮膚の手術をすることで簡単確実にホクロ除去
理想的な豊胸については町田の美容外科


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)理想的な美しさの実現ならインプラント