理想的な豊胸については町田の美容外科

感触も動きも通常のバストとほとんど変わらずに豊胸術では、自然な仕上がりとなることから人に気付かれてしまうようなことはありません。
即効性があることから注目されており、バストアップを実感出来るのは術後すぐとなります。
胸の形や大きさを整えることの出来る豊胸術がヒアルロン酸を注入することによって、今では注目されています。
確実性もあり安全にバストアップが実現し、術後に傷跡が目立ってしまうこともありません。

 

一人一人の要望に合わせたオーダーメード注入法が湘南美容外科におきましては、常に提供されています。
バストアップだけではなく形を整えることもできるのが、ヒアルロン酸を注入するバストアップ術もあります。



理想的な豊胸については町田の美容外科ブログ:12-6-19

読者様、グッドイブニング^^

昔は、身長から110を引いた数値が、理想の体重と言われていましたが、
これは美容体重であり、あまり健康的な数値ではないと指摘されています。

現在でも、この美容体重を目標に
ダイエットするようなエステもあるようですが、
健康的な体重が算出できるのはBMIという方法です。

「BMI=体重kg÷身長m×身長m」で、22が理想の体重になります。

ただ、美容体重よりも重くても標準や、痩せぎみと判断されるので、
ダイエットしている人の目標体重と思われがちですが、
体重と身長だけで判断するのは早計だと言えます。

現在、体重計を使って、
ダイエットを行っている方がほとんどだと思いますが、
体重ほど当てにならないものはないんですよね。

一流のアスリートは引き締まった美しいからだですが、
体重を調べると、想像よりも重い場合が多いのです。

逆に体重が軽く、スリムなからだのモデルさんが、
内臓などに脂肪が多くついていて、
いわゆる「隠れ肥満」に陥っていることも珍しくありません。

体重の数値より重要なのは、からだの脂肪と筋肉の割合なのです。

痩せて引き締まったからだは美しいですが、
筋肉がなくて細いからだは病的ですので、肥満度は体重が決めるのではなく、
脂肪の割合が決めるのだと意識しましょう。

ダイエットとは、本来、健康上の問題で体重を減らし、
脂肪の割合を減らすのが最大の目標です。

しかし、全く健康なのに、痩せたからだを手に入れたくて
ダイエットを行っているのですから、
健康的で美しいからだにする為に、
脂肪率と骨格筋量も計測できる体重計を使いましょう。

明日はいい日かな〜